うだまの神社オタクの日常

7話「嗅覚で神社を楽しむ」





スポンサーリンク

においが神社ごとに全然違う



においが良いかどうかっていうのは、オタにとって行く決め手になったりします。





だからこういうガイドブック本でどういうにおいがするかもホントは書いてほしい・・・!

が、書いてないのでしょうがなくオタなかまから聞くしかありません。



とはいえ、事前に神社のにおいを聞けたとしても天候や季節によってもにおいが変わってしまう。難しいものです。




あと夕方と昼間でもにおいが違うし。



一番いいにおいなのは新緑の季節と夏の終わりな気がします。

ほんっとに神社ってすばらしい・・・。


今日の神社用語





 榊(さかき)



神社のにおいを構成する大きな要因として、木があります。

といっても神社によって植えられている木はさまざま。

どの神社にもある確率が高いのが榊です。

鳥居にくくりつけられてることもよくあります。

神様が憑く依り代として使われる常緑植物のことを指します。

Return Top