うだまの神社オタクの日常

62話「五穀は神話の時代から存在した」






スポンサーリンク

五穀とは



五穀はそのまま「ごこく」とも読みますが

「いつつのたなつもの」とか「いつくさのたなつもの」とも読んだりします。



とりあえず「5種類の穀物」という意味です。

古事記でも日本書紀でも、稲・麦、粟だけは共通です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五穀ごましお 36g
価格:108円(税込、送料別) (2018/6/9時点)




そのままだと食べづらい場合はこういうごましおとかもオススメです。


今日の神社用語





 稗(ひえ)



イネ科の植物。気温の低い地域で生産されることが多いです。

炊飯してご飯として食べたりおかゆにしたりします。

Return Top