うだまの神社オタクの日常

82話「切れ痔の神様?」



スポンサーリンク

まずはクニヌシのもとへ



タケミカヅチはまずクニヌシのところに交渉しにいきます。



その際のポーズがたいへんユニーク。

剣を上にむけた状態で砂浜に刺し、その剣の上にあぐらをかきました。

切れ痔になる。

また、タケミカヅチの行動フローは次のようなものです。

①まずクニヌシのところへ交渉しにいく

②クニヌシの子どもその1のところにも交渉しにいく

③クニヌシの子どもその2のところにも交渉しにいく(ここで相撲をとる)

④最後に、「子どもたちからオッケーもらったよ」とクニヌシに報告

⑤国ゆずり完了

という感じです。

国譲りを成功させた英雄なので、タケミカヅチはなかなかに有名。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タケミカヅチの正体 [ 藤井 耕一郎 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)




本もいろいろ出てます。



今日の神社用語





 事代主(ことしろぬし)



クニヌシの子どもです。

タケミカヅチが最初に交渉しにいった子どもです。

このコトシロヌシは、タケミカヅチと相撲もとることなく

「国を譲れ」と迫られ「オッケー」と答えます。

Return Top