うだまの神社オタクの日常

115話「古い事を記したから"古事記"という」



スポンサーリンク

古事記の意味



タイトルの意味はそのまんま。

古いことを記した書物という意味です。



日本書紀は681年に編纂作業が開始されました。

命令したのは天武天皇

完成したのは720年。約40年もかかったわけです。

大変でした。

天武天皇が崩御したのが686年だったので、完成を見ることなく亡くなってしまっていました。

ということで献上した相手は元正天皇。44代の天皇で、女性です。

和同開珎の鋳造、平城京遷都などを行った人です。




日本書紀は本当に長いので、こういった読みやすい本で読破するのがオススメです。

オマケ





今日の神社用語





 舎人親王(とねりしんのう)



天武天皇の子ども。日本書紀の編集のリーダーとして活躍しました。

元正天皇に日本書紀を献上した人です。



Return Top