うだまの神社オタクの日常

12話「古事記の冒頭は読むのがつらい」




スポンサーリンク

神様の名前がずら~り



古事記の冒頭はすごいです。

何がすごいって神様の名前だらけ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

屍鬼 1【電子書籍】[ 小野不由美 ]
価格:449円 (2018/5/30時点)




小説版の「屍鬼」を思い出しました。名簿かな?ってレベルで名前が出てきます。



やっぱりいちばんは、気軽に気楽にお茶でも飲みながら読むのが好きです。

いきなり原文は字も小さく難易度が高いかもしれないので

古事記入門、みたいな解説書からのほうが、内容がすんなり入って来ていいかも。




古事記とタイトルにつく本で読んだことがないものは存在しないってレベルで

たくさん本を手にとってきましたが

読んだ中ではこれが一番オススメかも。

アプリにもなってるので、自分にあったデバイスで選べます。


オマケ







今日の神社用語





 太安万侶(おおのやすまろ)



元明天皇から古事記を編纂しなさい、って命令をうけた人です。奈良時代の文官です。

編纂(へんさん)とは、資料をあつめて内容をまとめ、書籍をつくるということ。






Return Top