うだまの神社オタクの日常

69話「兎からもらった恩返し的なサムシング」



スポンサーリンク

兄弟が八十人いたわけではない



クニヌシの兄弟のことを八十神(やそがみ)と言います。

八十と言う数字がはいっていますが、本当に八十人いたわけではありません。

八百万の神々(やおよろずのかみがみ)の八百と同じで、「たくさん」という意味です。



クニヌシは兄弟たちからあまり優しくはしてもらえず、

荷物持ちとしてこの旅についてきていました。

このストーリーに出てくる白兎もなかなかに有名。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SAKAKI 因幡の白兎Tシャツ
価格:3400円(税込、送料別) (2018/6/9時点)




いろいろとグッズが出ています。

今日の神社用語





 八上比売(ヤガミヒメ)



因幡の国の御姫様です。オオクニヌシの、最初の奥さんになりました。

子どもの名前は「木俣神(きのまたのかみ)」です。

母親に捨てられる時、木のまたにねじこまれたからです。


Return Top