うだまの神社オタクの日常

68話「サメさんを数えてあげましょう」



スポンサーリンク

サメ=ワニ?



サメに毛をはがされた兎を、クニヌシはやさしいことに治療してあげました。

ちなみにこの兎のストーリーが展開される場所は、島根県にあります。

白兎(はくと)海岸として名前が残っています。



作中では、サメは和邇(わに)と表記されています。

山陰地方の方言で、サメのことをワニと昔呼んでいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大神 クニヌシ アイロンワッペン グッズ 6-10cm 北米版
価格:990円(税込、送料無料) (2018/6/9時点)




クニヌシは出雲神話の主人公。

いろいろな作品でキャラクター化されています。



今日の神社用語





 因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)



クニヌシに助けられた白い兎の名前です。

この兎は後に神様となり、「白兎(はくと」神」として祭られます。

有名なのは鳥取県にある白兎神社です。



Return Top