うだまの神社オタクの日常

65話「こうして太陽と月は離ればなれになった」



スポンサーリンク

太陽と月の不仲



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピアス 太陽 月 アシメントリー スタッドピアス
価格:864円(税込、送料別) (2018/6/9時点)




いろいろな神話に「太陽と月が不仲になったストーリー」はみられますが

日本神話にもこの話はでてきます。



離別した理由は、食べ物の神様を月の神様が殺してしまったから。

それ以来、月が出てくるのは必ず太陽が沈んだ後になった、ということです。

ちなみに食べ物の神様からうまれた五穀を見て

アマテラスはとっても喜びます。

地上の人間たちが生きて行くのに必要な食べ物だとし、

人々に分け与えます。これが、農耕の始まりです。

聖書では、エデンの園から追放され罰として労働を課せられることになりましたが

それとは実に対照的です。


今日の神社用語





 ハイヌウェレ型神話



食物起源神話の一種です。

神様が殺され、その死体から食べ物が生まれた、という神話のことです。

ハイヌウェレは、インドネシアの神話に出てくる女神様の名前です。


Return Top